インターネットを活用して格安旅行三昧!

- スターフライヤーでも多客期は早めの予約が良い理由


スターフライヤーでも多客期は早めの予約が良い理由

LCC(格安航空会社)と言えば激安の料金で旅行できるのが魅力です。しかし、それは閑散期に限るのです。常に安いことはありません。多客期は日本航空や全日空とそれほど差はありません。その場合は早割の格安航空券を狙いましょう。この記事では【スターフライヤーでも多客期は早めの予約が良い理由】について詳しく解説します。

格安航空会社(LCC)に限らず大手の航空会社もゴールデンウイークや年末年始や連休がらみは座席の取り合いになります。多客期は、発売開始から早いタイミングで満席になります。アクションは早めにしましょう。
得に早割は急ぎましょう。早割を設定するのは、座席を売りたいからです。
多客期はそれほど多くの設定をしていません。

早割席の枠とノーマル席の枠は区分しています。スターフライヤーで最もおトクな料金は「そら旅80」です。ピーク時は半年までも有利な時間帯は満席になっています。混雑しているときは割引率が少ないかもしれませんが、ノーマルよりはマシと考える割り切りが大事です。

スケジュールがほぼ確定ならば、まずは席を押さえよう!

一瞬の迷いで席がなくなります。そこで気にするのがキャンセル料です。他社の航空会社と比べると「そら旅80」でも、搭乗日の90日前までならば、キャンセル料は10パーセントほどです。80日前でも30パーセントです。
思っているほど、取消料は多くなりません。

遅ければ遅いほど条件の良い座席は出てきません。最悪は座席がノーマルでも取れないこともあり得ます。直前割引を狙っても出ることは期待できないでしょう。飛行機がとれても、今度はホテルが取れないこともあります。
ならば、早く予約することは意味があります。
小まめに空席チェックをしておくことが基本です。

いかがでしたでしょうか?

注目を促す指
スターフライヤーでも多客期は早めの予約が良い理由についてご紹介しました。
格安航空券をゲットできるのは閑散期しかありません。それ以外で、旅行に行く人達が多い場合は、それほど価格的なメリットはありません。
とにかく席を押さえることを第1に考えたほうがいいです。ノーマルよりも安ければ勝負にでてください。

特にスターフライヤーは沖縄や九州に強いです。オフィシャル・ウェブサイトで発売日をチェックしておいて、発売時間に予約するようにスケジュールを調整しましょう。
旅行のスケジュールだけでなく、予約の日のスケジュールを調整するのが旅の達人です。サービスも良いスターフライヤーは快適なフライトを約束してくれます。

関連記事:

    None Found