別途料金などについて

LCC航空会社で航空チケットをゲットしたい。
そのように考えている方もいらっしゃるでしょう。
お安いものですと、片道が4000円台からなんていう破格と思えるような値段で販売されていることもあるんですよ。
これでしたら、大人数での旅行であっても負担に感じることも少ないかも知れませんね。
航空チケットそのものはお安いのですが、オプション料金などが発生する場合もあります。
万が一、そのようなものを利用する場合は加味してトータル的な料金を考えるというのもお得に利用をするコツの1つかと思います。
ではここで、有料と考えられる部分について考えて行きたいと思います。
先ずは機内食。
国内線であればあまり利用する機会もないかもしれませんが、朝食サービスなどを希望される方は有料になる場合があります。
同様に搭乗すると直ぐに配られるイメージのある飲み物類も有料であるケースが。
予め空港の売店などで購入して持ち込んでおけば問題ないでしょう。
短いフライトでも仮眠を取りたい。
そのような場合に貸してくれる毛布や枕。
こうしたものも有料である場合が多いようです。ブランケット1枚用意するですとか空気で膨らむ枕などを携帯しておくと良いかもしれませんね。
また、航空会社によって変ってくる部分ではありますが「座席指定料」などがかかるばあいや手荷物の預かりに料金がかかるという事もあるようです。
指定をしなければもろちん料金はかかることはありませんし、荷物を持ち込めば同様に料金はかかりません。
そして気にしておきたいのが払い戻しや変更料金。
比較的に安いというイメージもあるのですが、チケットそのものを安く販売しているLCC航空会社はこのような払い戻しなどが高めに設定されていることが多いのです。
ですから、選択ミスをしないようにするですとかしっかりとスケジュールを組んで予約申し込みをしておきたいものですね。
こうしたシステムを納得しておけばより効率的に・お得に活用できるのではないのでしょうか。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »